So-net無料ブログ作成
検索選択
googleカレンダー

手の甲に血管が浮き出る場合は? [血管が浮き出る原因]

手の甲に血管が浮き出る原因は、手の甲の静脈(血管)を流れる血液がスムーズに流れていない、つまりが生じているサインなんです。

激しい運動をした後などに、血管が浮き上がる経験をした方も多いと思いますがこれはしばらく平静にしていると元にもどります。これは一時的に流れる血液の量が増えたからで心配ない普通の現象です。

気にされている方の多くの場合の「手の甲に血管が浮き出る」ことは、加齢(高齢者)によるケースが多いです。

ただ病気の場合もあります。その場合の簡単なチェック方法としては、手をだらんとまっすぐのばした状態から、心臓の高さまで上げていって、手の血管が浮き出るのが目立たなくなれば、それは年を重ねたことによる標準的・普通な状態で病的な症状の可能性は低いです。

ですが心臓の高さよりさらに上に高く上げなければ手の血管が目立たなくならない場合は、加齢以外の心臓病などの別の原因の心配があります。


「若返り血管」をつくる生き方 [ 高沢謙二 ]
nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0